Top >  背中にきびについて。 >  背中にきびの「赤・白・黒」。全部知っていますか?

背中にきびの「赤・白・黒」。全部知っていますか?




背中にきびにも種類がいろいろあります。
赤、白、黒・・・


黒にきびとは広がった毛穴に皮脂などの汚れが詰まり、
酸化して黒っぽく見えるにきびのことです。
白にきびとは毛穴に皮脂が詰まって白っぽく見えるにきびです。
赤にきびとはにきびが炎症を起こして赤っぽく見えるにきびのことです。


黒にきびは小鼻にできることが多く、メイクで隠しても目だってしまいます。
また毛穴が広がったままにきび跡になることもよくあります。
背中にきびが黒にきびになっているケースは少ないと思いますが、
よく観察することが必要です。


白にきびはにきびの初期段階です。
自然につぶれて皮脂が出ることもありますが、
背中などは毛穴も小さく、毛穴の中にとどまってしまうこともあり、
炎症を起こしたりする場合もあります。
皮脂の汚れや、シャンプー、石鹸の残りカスなども原因ですので、
清潔に保ち、白にきびの段階で完治させるといいでしょう。


赤にきびは炎症を起こして周りの皮膚まで赤くなっているので、
痛みやかゆみがあります。
自分で処置したり、掻き壊して傷つけると、傷口から細菌感染を起こしてしまうこともあります。
また背中にきびが赤にきびの場合は発見が遅れたりして、
症状が進み、膿胞性挫創と呼ばれる段階になってしまい、
皮膚がボコボコした状態になりますので、早期に受診しましょう。


黒にきびや白にきびは多くの人が経験したことのあるにきびだとおもいます。


放っておけば治るから・・・などと言わずきちんと対処しましょう。
黒にきびはメイクの残りカスが毛穴を押し広げたりしていることがあり、
広がった毛穴は年齢よりも老けて見える要因にもなります。


黒にきびをメイクでカバーしようと、小鼻だけ厚塗りになったりしていませんか?
悪循環になりかねないので、徹底したスキンケアを心がけましょう。


できれば経験したくない赤にきびですが、
背中にきびは赤にきびになることが多いようです。


発見しづらい、手入れしにくい、などがその理由ですが、
痛みやかゆみを伴う状態では、自己治療よりも専門医に行くほうが早く、確実です。


挫創の状態になってしまうと、なかなか元の背中の状態には戻らないので、
背中は毎日観察やチェックが必要です。


赤、白、黒、あなたの背中にきびはどうですか?
にきびの種類も把握して、それぞれのにきびにあった治療、ケアをしましょう。




背中にきびについて。

関連エントリー

背中にきびの「赤・白・黒」。全部知っていますか? 大人になってから悩まされる背中にきび 背中にできる「にきび」と「吹き出物」??? にきびは顔だけじゃなく背中にも。