Top >  背中にきびの治療と予防 >  背中にきびの予防に効く、ビタミンB2・B6・Cを多く含む食べ物は?

背中にきびの予防に効く、ビタミンB2・B6・Cを多く含む食べ物は?




背中にきびはまず予防です。背中にきびができなければ悩むこともありません。
予防策としてやはり食事は重要です。
肌は体の内側から作られるものなので、食するものによって大きく違ってきます。


背中にきびの予防に効く食べ物はビタミンB2の多く含まれるものです。
ビタミンB2は糖質や脂質、タンパク質の代謝を助け、
特に脂質の代謝には重要な栄養素です。


またB1と同じく、皮膚や粘膜を保護するビタミンです。
この他にも、肝臓の働きを活発にして、解毒作用や薬物の代謝を助ける作用があります。


ビタミンB2を多く含む食品はうなぎ、さば、納豆、牛乳、卵、わかめ、
レバー、豚肉、緑黄色野菜などがあります。


これからの季節は緑黄色野菜の時期です。
食卓に彩りを考えて料理をするだけでもずいぶん違うと思います。


また背中にきびの予防に効く食べ物として、
ビタミンB2と合わせて摂取したい栄養素はビタミンB6です。


いわし、さば、まぐろ、卵、レバー、鶏肉などに多く含まれ、
皮膚の抵抗力を強め皮膚の状態を健康に保ってくれます。


同じく肌に欠かせない栄養素としておなじみのビタミンC。
果物だけでなく緑黄食野菜にも含まれています。
柑橘系の果物など比較的食べやすいものに含まれているので、
朝食の時など献立に組み合わせやすいとおもいます。


背中にきびの予防になる皮膚の老化、
メラニン色素によるシミやそばかすを防ぐのはもちろん、
背中にきびが色素沈着を起こしたりするのも予防できます。


ビタミンB群は相乗効果によって力を発揮します。
偏らないようバランスよく食べれば、
背中にきびの予防にかなり期待が持てると思います。


バランスと同時に重要なのは時間。
朝食を取らない。夕食が遅い。
このようなライフスタイルではビタミンに気をつけても、
背中にきびは予防できません。


また間食も背中にきびの予防をさまたげます。
夕食が早いとついおなかがすいて甘いものに手がでますが、これは厳禁です。
誘惑に負けないように早く寝てしまいましょう。
早く寝て早く起きる。そうすれば朝食もきちんと食べられます。


どうしても甘いものが欲しいときは早い時間に。
体を動かす午前中ならエネルギーとして糖質も代謝されやすくなります。
しかし量には十分気をつけましょう。


背中にきびに効く食べ物は体全体に良いものです。
予防できればなお、一層の美肌に効き目があるでしょうし、
背中にきびのある人にも改善、完治への道を近づけてくれるはずです。


おいしく食べてきれいになれたら最高ですね。




背中にきびの治療と予防

関連エントリー

背中にきびを完治させる治療のコツとは? 背中にきびが治ったら・・・願望を治療のエネルギーに換える! 背中にきびへの、「大人」の正しい対処法 背中にきびを薬だけで治療するのは、限界がある。 背中のにきび跡治療に効果的なピーリング 背中にきびの予防に効く、ビタミンB2・B6・Cを多く含む食べ物は? 背中にきびを治す方法、最大の秘訣は日々の生活習慣にあり! 背中にきびを改善・予防する食習慣とは? 背中にきびを予防する、コラーゲンの効果的な摂取方法とは? 背中のにきび跡の代表的な2つの治療法 背中にきびは治すには、自分の生活をトータルで見直すこと! 背中にきびの治療方法には、どんなものがあるのか。 自分でできる背中にきびの治し方とは? 背中にきびの予防法 「半身浴」が効く!