Top >  背中にきびの跡 >  背中にきび跡の代表的な2つの治療方法。

背中にきび跡の代表的な2つの治療方法。





背中のにきび跡の治療は、主にケミカルピーリングとレーザー治療です。


ケミカルピーリングとは酸などの液体を使って、
角質や表皮を化学的に溶かして、新しい皮膚の再生を促すことによって、
毛穴を目立たなくしたり、にきび跡で凹凸になった背中の皮膚をきれいする、
にきび跡の治療方法の一つです。


使用する部位やピーリングする深さなどによって、
様々な種類の薬剤が使われているようです。


代表的なものはAHA(アルファヒドロキシ酸)フルーツ酸とも言われているもので、
最近では化粧水や石鹸などにも広く含まれています。


背中にきびが赤くなってしまったり、
跡が色素沈着を起こしてシミになった場合などに有効です。


背中などの汚れを落としてから、皮膚に薬剤を塗り数分置いて剥がします。
剥がすと言ってもごく薄くなので痛みはほとんどありません。
皮膚が少しヒリヒリするかもしれませんが、個人差があるようです。


ただピーリング治療は治療後のケアがとても重要です。
治療後のケアを怠るとトラブルの原因になります。


次に、レーザー治療とは一般の手術のように、皮膚を切ったり縫ったりするのではなく、
瞬間的に照射を行うだけの治療です。


そのため出血したり、傷跡が残ることはほとんどの場合ありません。
医療用レーザーは人工光線で、
紫外線やX線とは違うので体に副作用がないと言われています。
背中にきびがケロイドになってしまったり、アザの治療や脱毛にも用いられています。


治療は皮膚科または皮膚科の常駐しているエステなどで行いますが、
いずれにしても十分なカウンセリングを受け納得のいく治療法を選び、
背中にきびやその跡を治療したいものです。


背中にきびや残った跡の治療には時間がかかることが多く、
短時間で済む治療は無いと考えていたほうがいいかもしれません。




背中にきびの跡

関連エントリー

背中のシミはにきび跡の色素沈着です 「あと」になるどうか・・・夏は背中にきびの運命の分れ道です。 エステでできる背中にきびの跡ケア 背中のにきび跡を治せる「ピーリング」という方法。 背中にきび跡の代表的な2つの治療方法。 背中のにきびが跡として残る仕組み 顔や背中にできたにきび跡には?