Top >  背中にきびの跡 >  背中のにきび跡を治せる「ピーリング」という方法。

背中のにきび跡を治せる「ピーリング」という方法。





背中にきびが跡になってシミや凹凸になってしまうことありますよね。
もうこうなっては、日々の生活習慣を改善しただけでは、元の状態には戻せません。


そこで、背中のシミやにきび跡の改善方法としてピーリングがあります。
イメージとしては、「一皮剥いて皮膚を生まれ変わらせる」感じです。


ピーリングといっても方法や使用するものはたくさんあります。


市販のものではピーリングソープ、ピーリングジェルがあります。
ピーリングソープは毎日の洗顔や体を洗うときに使用します。
ジェルは週に1度程度お手入れするものでどちらも古くなった
角質層を洗い流したり、はがしたりするものです。


エステでもピーリングはにきび跡のケアには頻繁に行われる方法です。


背中などはエステでのピーリングで効果的ににきび跡を改善できます。
もちろん症状に応じてなので、短期間で効果が現れる場合もあれば
時間のかかる場合もあります。


また、よく聞く「ケミカルピーリング」とは酸などの液体を使って、
角質や表皮を化学的に溶かして、新しい皮膚の再生を促すことによって、
毛穴を目立たなくしたり、にきび跡で凹凸になった背中の皮膚をきれいする、
にきび跡の治療方法の一つです。


使用する部位やピーリングする深さなどによって、
様々な種類の薬剤が使われているようです。


代表的なものはAHA(アルファヒドロキシ酸)フルーツ酸とも言われているもので、
最近では化粧水や石鹸などにも広く含まれています。


背中にきびが赤くなってしまったり、
跡が色素沈着を起こしてシミになった場合などに有効です。


背中などの汚れを落としてから、皮膚に薬剤を塗り数分置いて剥がします。
剥がすと言ってもごく薄くなので痛みはほとんどありません。
皮膚が少しヒリヒリするかもしれませんが、個人差があるようです。


ただピーリング治療は治療後のケアがとても重要です。
治療後のケアを怠るとトラブルの原因になりますので、要注意です。




背中にきびの跡

関連エントリー

背中のシミはにきび跡の色素沈着です 「あと」になるどうか・・・夏は背中にきびの運命の分れ道です。 エステでできる背中にきびの跡ケア 背中のにきび跡を治せる「ピーリング」という方法。 背中にきび跡の代表的な2つの治療方法。 背中のにきびが跡として残る仕組み 顔や背中にできたにきび跡には?