Top >  背中にきびの跡 >  エステでできる背中にきびの跡ケア

エステでできる背中にきびの跡ケア




背中にきびって跡が残りやすいですよね。
治療してるのに跡に残ったり、時間がたつにつれて跡が目立ってきたり。
そうなるともう薬だけじゃ治せません。
エステでできる背中にきびの跡ケアには症状にあわせて様々なものがあります。


広く一般的になってきたのがケミカルピーリング。
フルーツ酸などを用いて古くなった角質を落としたり、
皮膚の凹凸を少しずつ滑らかにしていくものです。


にきび跡だけでなく、毛穴の広がりなどにも効果的でアンチエイジングとしても有名です。


背中にきびは赤く腫れたような状態になる赤にきびが多く、
皮膚が凹凸になったり、にきび跡が紫外線によりシミになることがあるので、
ケミカルピーリングはどちらにも効果が期待できます。


ケミカルピーリングと平行して行われる背中にきびの跡ケアとして、
ビタミンやイオン導入があります。


病院では治療が難しいとされたにきび跡でも、
エステでのビタミン、イオン導入で、背中にきびの跡が改善される場合も多くあります。


ケロイド状になってしまった背中にきびの跡にはレーザーを用いたケアもあります。
ドクターズエステと呼ばれるような
皮膚科、美容整形外科の医師が常駐しているエステでは
医療用レーザーを用いて背中にきびにレーザー光線を照射して、にきび菌を殺菌したり、
赤く腫れたにきびを沈静化させる効果があります。


エステでのにきび跡のケアは保険のきかないものが大半ですが、
背中にきびが跡になって悩み続けることを考えれば、決して高くはないと思います。


ただ、エステでの技術力によるところも大きいので、エステ選びは慎重に。


事前に電話などで内容を確認してみることも大切です。
エステに技術力の自信があれば些細な質問、疑問にもきちんと答えてくれるはずです。


自分に合ったエステを見つけて、
1日も早く背中にきびの跡からさよならしたいですね。




背中にきびの跡

関連エントリー

背中のシミはにきび跡の色素沈着です 「あと」になるどうか・・・夏は背中にきびの運命の分れ道です。 エステでできる背中にきびの跡ケア 背中のにきび跡を治せる「ピーリング」という方法。 背中にきび跡の代表的な2つの治療方法。 背中のにきびが跡として残る仕組み 顔や背中にできたにきび跡には?