Top >  背中にきびの跡 >  「あと」になるどうか・・・夏は背中にきびの運命の分れ道です。

「あと」になるどうか・・・夏は背中にきびの運命の分れ道です。




夏本番?と思わせる陽気が続いてます。
早くも水不足なんて声もちらほら。
夏は好きです、行動的になれるしおしゃれだって楽しめる。


でも・・・そう。紫外線です。
日焼けした肌を見せたい!そんな頃もあったな~


・・・背中にきびがある人。ご用心です。
日焼けは紫外線による肌へのダメージが相当あります。
特ににきびが化膿していたりするとシミの原因になるんです。


背中にきびがあって背中なんか見せること無い。
そうかもしれません。


しかし、紫外線は衣類を通して肌に届いています。
知らないうちに日焼けしてるんです。
背中が赤くなったりするほどの日焼けではなくても、
生活紫外線は日常の生活で日々肌に蓄積されています。


夏は汗もかきやすく、背中が湿った状態になりやすいので、
背中にきびが悪化しやすい時期です。
おまけに紫外線。背中にきびがにきびあとへとまっしぐらの季節なんです。


日焼けはUV加工の洋服や日傘である程度防げます。
顔や手は気にしていても、背中って意外と気にしてないんです。
日焼け止めもありますが、背中にきびが化膿しているときなんかはオススメできません。


あとにならないようにするためには日に焼けない。
紫外線をブロックする。


外に出ないのが確実ですが、コレは無理なので、
背中も顔と同じくらい紫外線を意識することを心がけましょう。


その他、あとになるのを防ぐ手立てとして
にきびを発生させない、または悪化させないことが重要です。


夏場は食欲もなくなりがちで、
ついつい喉越しのいいものや水分ばかり口にしてしまいがちですが、
体を冷やしすぎたりすると血流が悪くなるだけはでなく、
体力が落ちて結果にきびに対する肌の抵抗力もなくなります。


紫外線を浴びたあとのケアとしては日焼けによる乾燥を防ぐため
ビタミン配合のローションなどで保湿を十分に。


あとは体が十分な体力を持って夏をすごせるよう栄養をしっかりとる。


睡眠も十分に。
寝苦しくついクーラーなどに頼りがちですが、
首元なんかを氷枕などで冷やしてあげると、
クーラーなんかつけなくても快適に過ごせます。


背中にきびがあとに残るか、残らないか、夏はその分かれ目かもしれません。
あとになると時間もお金もかかる苦しい道のりです。
普段以上に背中にきびを意識し、用心に用心を重ねあとに残ることを防ぎましょう。




背中にきびの跡

関連エントリー

背中のシミはにきび跡の色素沈着です 「あと」になるどうか・・・夏は背中にきびの運命の分れ道です。 エステでできる背中にきびの跡ケア 背中のにきび跡を治せる「ピーリング」という方法。 背中にきび跡の代表的な2つの治療方法。 背中のにきびが跡として残る仕組み 顔や背中にできたにきび跡には?