Top >  背中にきびの跡 >  背中のシミはにきび跡の色素沈着です

背中のシミはにきび跡の色素沈着です




色素沈着ってよく聞きます。
外線を浴びた皮膚の中で生成されるメラニンが皮膚にとどまった状態のこと。
メラニンは紫外線から皮膚を守る役割がありますが、
20代を過ぎるとメラニンが体外に排出されにくくなり
色素沈着をおこしてシミやそばかすの原因になります。


背中にきびのある人にとっては
色素沈着による影響は見過ごすことはできない問題です。


ただ日焼けしてシミになる場合もありますが
さらに背中にきびの跡が色素沈着によって、シミになる可能性があるからです。
色素沈着の影響がにきびのある人ない人では大きく違います。
背中にきびがある人はより紫外線による色素沈着に注意が必要です。


色素沈着が起こりシミになるのには、
メラニンを体外に排出するターンオーバーがうまくいかなくなるからです。


20代になると新陳代謝が落ちて肌サイクルが狂ってきます。
背中にきびはアダルトにきびなどとも言われ
ストレス、ホルモンバランス、新陳代謝などがうまくいかなくなることが
原因とされています。


色素沈着は加齢とともに増加する場合と、
ホルモンバランスの崩れや肝機能が低下することによって
解毒できない老廃物として沈着する場合があります。


病気などが原因の色素沈着には、
アルブチンなどの漂白成分を使い治療することがあります。
市販の美白化粧品にも同様の成分を微量に含んでいるものがあります。
色素沈着のケアには、
規則正しい食生活やスキンケアで、肌の新陳代謝を高めることが必要です。


肌に良いとされるビタミンCや肝機能を高めるビタミンB2などを
積極的に食事に取り入れ生理不順や便秘などを解消できれば、
背中にきびと同時に色素沈着によるにきび跡のシミをも防ぐことができます。


若いうちはシミなんて・・と安心はできません。


体は正直。日々の積み重ね、今現在の行いで年齢を重ねてからの差がでます。
健康な体は一日にしてならず。


健康な体つくりができれば紫外線も背中にきびも、また色素沈着も怖くない!
年齢を重ねることは止められません。
また健康的な美しさはメイクでは作ることはできません。
今日からでもできます。
未来の自分作り。


年齢を重ねることを楽しめるようがんばりましょう。




背中にきびの跡

関連エントリー

背中のシミはにきび跡の色素沈着です 「あと」になるどうか・・・夏は背中にきびの運命の分れ道です。 エステでできる背中にきびの跡ケア 背中のにきび跡を治せる「ピーリング」という方法。 背中にきび跡の代表的な2つの治療方法。 背中のにきびが跡として残る仕組み 顔や背中にできたにきび跡には?