Top >  背中にきびのケア >  石鹸でできる背中にきびのケア。

石鹸でできる背中にきびのケア。




毎日使う石鹸。固形や液体など形状や成分も様々ですが、
実は、背中にきびの原因の一つに、石鹸の洗い残しがあります。
また、石鹸で洗いすぎても、同じく背中にきびを引き起こすことがあります。


背中にきびのケアとして、今回は「石鹸」をチェックしてみようと思います。


昔は体を洗うのも顔を洗うのも固形石鹸がほとんどでした。
現在、体はボディソープなどの液体石鹸のものが多いようです。
固形石鹸は泡立ちにくく洗いにくいというイメージがあります。
ナイロンタオルやスポンジに少量取るとすぐ泡だって、洗った感があるのが液体石鹸です。


背中にきびがある場合、にきびの症状が軽ければ
背中を清潔に保つことを心掛ければいいと思いますが、
洗いすぎや流し不足は背中にきびを悪化させるおそれがあります。


固形と液体どちらの石鹸でもいいと思いますが、
洗浄成分の強いものは汚れ以上に背中の潤いを奪ってしまいかねませんので、
背中にきびのケアという点ではオススメできません。


背中にきびの症状が重く、ケロイド状や毛穴が開いてしまっている場合は
ピーリング効果のある石鹸でケアした方が良いと思います。


フルーツ酸などの成分で肌を薄くはがしながら
皮膚の凹凸や毛穴の開きを目立たなくしていく効果のあるものです。


固形石鹸に多いようですが
最近は液体石鹸でも成分に含まれているものもあります。
病院やエステで行われるピーリングほどの効果は無いので
補助的目的で使うのがいいでしょう。


スクラブ入りの石鹸などもありますが
これは毛穴の汚れを落とすとともに皮膚を傷つけてしまうことがあります。
背中にきびがある場合や敏感肌の人は
使わないほうがケアとしては良いと思います。


体を洗う石鹸だけでなく洗濯石鹸も、背中にきびと関係しています。


背中など肌に直接触れる下着、洋服など洗濯の際に使うものも
すすぎが十分でなく洗剤カスが衣類に残って皮膚を刺激し
背中にきびを誘発したり悪化させたりします。


洗濯石鹸にも顆粒と液体がありますが
夏場などは水にも溶けやすいのでどちらでもいいと思います。
しかし、冬場などは液体石鹸のほうが石鹸カスが残りにくいかと。


洗濯の際、たくさん石鹸を入れたからといって
汚れが落ちやすくなる訳ではないので、量は計量した通りに使うべきです。


また、背中にきびに直接ふれる下着やパジャマはこまめに洗い
他の衣類とは別に洗うのもいいと思います。


毎日使用する石鹸だけに、
背中にきびのケアの観点からも、最重要項目になります。
背中にきびだけでなくアトピーなどにも深く関わってくるので
自分の症状やライフスタイルに合わせて選びたいものです。




背中にきびのケア

関連エントリー

背中にきびのケアにプラス入浴剤。 背中にきびのケアに適したボディシャンプーの選び方 結局、背中にきびを解消するのは、日々のケアの積み重ね! 背中のにきびケアにスプレータイプは便利です! 背中にきびのケアに適したコスメの選び方。 背中にきびのケアに最適なローション 背中にきびのケアに最適な化粧水の選び方。 背中にきびを改善する食生活とは? 石鹸でできる背中にきびのケア。 背中にできちゃったにきびのケア 背中にきびの基本的なケアは自分次第!