Top >  背中にきびの原因 >  背中にきびの原因はボディソープにあり?

背中にきびの原因はボディソープにあり?




ボディソープが背中にきびの原因になることを知っていますか?


背中にきびの原因に皮脂や汚れがありますが、
きれいにしようと思うあまり洗いすぎていることもあります。


特に洗浄力の強いボディソープなどを使用すると、
皮脂だけでなく潤いまでも落としてしまい、乾燥状態になります。
乾燥しすぎると体は乾燥を防ごうと、さらに皮脂を分泌します。


また背中を強くこすりすぎて、背中にきびに刺激を与えたりすると
にきびが潰れ、そこに成分の合わないボディソープなどが入り込むと、
化膿、炎症を引き起こすこともあります。


できるだけ低刺激のボディソープを選んで、ナイロンタオルの使用は避けましょう。


にきび肌専用のボディソープや綿のタオルなどで、
強く洗うよりも丁寧に洗うことを心がけて。
背中は特に中央の背骨付近が洗いにくい場所です。
しかし背骨付近には皮脂腺が集中しているので、
洗い残しのないように気をつけましょう。


体は温まると毛穴が自然と開きます。
洗浄力の強いボディソープでなくても十分汚れは落ちますし、
力を入れなくてもきれいになります。


またボディソープをきちんと洗い流しましょう。
流し忘れも背中にきびの原因です。髪の毛の生え際や襟足など
意外と流せていない場合があります。


最近ではピーリング効果などのボディソープもあるようですが
保湿することを忘れずに。
肌に潤いが足りないと硬くなり、にきび跡やシミの原因になります。


汗や汚れを落とすだけではなく、
背中にきびと深い関わりのあるボディソープ。


毎日使うものだからこそ、その影響は大きいと思います。
もう一度見直してみませんか?
ボディソープを見直して、背中にきびが少しでも軽減されれば、
完治への道も近くなるはずです。


一つでも背中にきびの原因となるものは取り除いていきましょう。




背中にきびの原因

関連エントリー

背中にきびの原因として見落としがちな「乾燥」 背中にきびの思わぬ原因 「シャンプー」 タバコは背中にきびや「しみ」等・・・女性の大敵です。 背中にきびの原因はボディソープにあり? 背中にきびの原因を特定するのは、なかなか難しい。 傷が原因で背中ににきびが?・・・ 石鹸が背中にきびの原因になる? 背中にきびの原因「紫外線」