Top >  背中にきびの原因 >  背中にきびの思わぬ原因 「シャンプー」

背中にきびの思わぬ原因 「シャンプー」




毎日使うシャンプーが背中にきびと関係あるんです。
特にロングヘアーの女性などには、にきびの原因の一つになっているかもしれません。
シャンプーやリンスの流し残しが、背中にきびに影響を与えていることがあります。


背中にきびは炎症をおこしていたりすると、
敏感になっていて、髪の毛の刺激も良くありません。
また、炎症を起こした背中にきびにシャンプーやリンスが入ると、
背中にきびを悪化させたりします。


入浴時には頭から洗って、
背中に髪の毛がかからないよう、少し前のめりになって洗うといいでしょう。
シャンプーやリンスはしっかり洗い流しましょう。
また、トリートメントなどのお手入れをする際は、髪の毛は束ねた状態で。


お風呂上りにはできるだけ早く、髪の毛を乾かしましょう。
背中にきびにとって、濡れ髪がかかるのは良くありませんし、
パジャマなどが湿った状態で寝てしまうと、衛生面でも良くありません。
特に梅雨時期は布団も湿気ていて、
背中にきびだけでなく、
マラチア毛胞線といったカビが背中に繁殖することもあります。


髪の毛にとっても、濡れ髪で寝てしまうことや、
自然乾燥はあまりオススメできません。


髪の毛の内側から乾かし、
上から下に向かってブローしておくと、
翌朝の髪の毛の落ち着きや寝癖が違います。


背中にきびや首筋などににきびがある場合は、
ショートヘアにするか、毛先でにきびを刺激しないように注意が必要です。


毎日の事なので気をつければ、背中にきびの改善にもつながります。




背中にきびの原因

関連エントリー

背中にきびの原因として見落としがちな「乾燥」 背中にきびの思わぬ原因 「シャンプー」 タバコは背中にきびや「しみ」等・・・女性の大敵です。 背中にきびの原因はボディソープにあり? 背中にきびの原因を特定するのは、なかなか難しい。 傷が原因で背中ににきびが?・・・ 石鹸が背中にきびの原因になる? 背中にきびの原因「紫外線」