Top >  背中にきびと皮膚科 >  皮膚科での背中にきびの分類、知ってますか?

皮膚科での背中にきびの分類、知ってますか?




背中にきびは吹き出物ではありません。
皮膚科ではにきびは尋常性挫創(じんじょうせいざそう)と呼ばれ
脂腺性毛包と呼ばれる毛包に、
皮脂を栄養源とするアクネ菌などが増殖することにより炎症を起こしたもので、
皮脂腺が多い顔や背中によくできます。


脂腺性毛包は、皮脂腺とつながった、管が太い毛包。
皮脂腺から分泌された皮脂は毛包を通って排出されています。
ニキビは、この脂腺性毛包で、徐々に悪化していきます。
症状の度合いによって、いろいろな呼び方で区別されています。


皮脂と混じりあった古い角質や汗などの汚れが
角栓を作って毛穴をふさぎ毛包内に皮脂が溜まった状態で
炎症は起こしていないまでも、
いわゆる“ニキビの芯”ができているものが面ぽうと呼ばれています。


にきびが詰まった皮脂で白っぽくなる「白ニキビ」と
毛穴が開き黒っぽく見える「黒ニキビ」の2タイプがあります。


背中にきびが化膿して炎症を起こしはじめ、
毛包内で増殖したアクネ菌が毛包内の壁を刺激して炎症を起こし、
赤く腫れているにきびは丘疹(きゅうしん)と呼ばれ、
赤く腫れているので「赤ニキビ」とも呼ばれています。


毛包の壁が破れて大きくなり、
中心部には黄白色の膿がある状態の背中にきびは膿疱(のうほう)と呼ばれ、
にきびが黄色っぽく見えるため「黄ニキビ」とも呼ばれます。


背中にきびがかたいしこりのようになった状態を膿腫(のうしゅ)と言い、
触ると痛みがあり、膿疱や膿腫の段階でつぶしたりすると、
背中にデコボコしたクレーターのような跡が残ったり、
紫外線などで色素沈着を起こします。


一口に背中にきびといっても、これだけの種類や段階があり原因も様々です。
背中にきびが悪化しないうちに皮膚科に行くことが大切ですが、
皮膚科にもにきびを専門としているところもあれば、そうでないところもあります。


抗生剤ばかりを飲まされて背中にきびは改善されず、
逆に体の抵抗力が落ちてしまった。
などと言う話もあります。


皮膚科で行う背中にきびの治療も様々ありますが、
できればにきび外来などのある皮膚科に行くなど、
より専門性のある皮膚科に行くのが良いと思います。


背中にきびは生活習慣やストレスなどとも大きく関係しているので、
十分にカウンセリングを行ってくれるような皮膚科なら
安心できるのではないでしょうか。


背中にきびの症状だけで他の患者と同じ治療をしても、
人によって原因が違うものなので、
背中にきびを本当に理解している皮膚科医なら
そこまで考えてくれると思います。


そんな皮膚科なら時間のかかる背中にきびの治療にも
納得して続けて行けるのではないでしょうか。




背中にきびと皮膚科

関連エントリー

背中のにきびと美容には、かかりつけの皮膚科をもとう! 背中にきびには専門クリニックがお勧めです。 背中にきびを完治させる、皮膚科の病院選び方とは? 皮膚科での背中にきびの分類、知ってますか? 背中にきびは皮膚科に行こう。