Top >  背中にきびと薬・漢方 >  背中にきびと漢方薬の相性は?

背中にきびと漢方薬の相性は?




背中にきびにもいろんな薬があります。漢方薬もその一つ。
漢方薬って?苦くて飲みにくい、副作用は少ないけど効果が出るのが遅い。
そんなイメージないですか。


漢方はさまざまな生薬を組み合わせてできたものです。
長い歴史があり日本では漢方薬として広く使われています。


症状や体質に応じて処方されるもので漢方薬は、漢方医学という東洋医学の一部です。
誰もがもともと持っている、病気と闘い、治す力(自然治癒力)を高め、
からだを整える事が基本になっています。


漢方学では肌は内臓を写す鏡と言われていて、
背中などににきびのでる症状も内臓からくるものと考えられています。
便秘や冷え性、胃腸虚弱。このような体質の人は、
背中にきびなどが出やすいのではないでしょうか。


肌の状態が良くないというのは体の状態が良くないからです。


女性は特に生理の前後に背中や顔のにきびがひどくなる、
という人が多いのではないでしょうか。
ホルモンと背中にきびは深く関係しています。
生理の前後はホルモンバランスが崩れやすく、
また生理不順の人はホルモンバランスが不安定なようです。


ストレスなども背中にきびに関係していますが、
自律神経がストレスにより乱れることによって
背中にきびとなって現れたりもします。


アルコールやタバコなども内臓に負担をかけています。


漢方薬は同じ背中にきびでも、
その人の体質や症状にあわせて、どの漢方薬を使うのかを決めて服用し、
同時に体質を改善しながら、背中にきびのできない体へと近づけていくものです。


背中ににきびとなって現れていなくても、
内臓の調子が悪かったり、生理不順だったりすると、
これから背中にきびとして現れてくるかもしれません。


漢方には未病という考えがあります。
体質を改善することにより
これからなるかもしれない病気を防ぐという考え方です。


最近は病院でも広く漢方薬が使われるようになっていて、
保険治療で受けられます。


背中にきびが気になってしょうがない。
という人も多いでしょうが、
漢方で背中にきびのできにくい体へと改善していくのも
一つの方法ではないでしょうか。


確かに生薬から作られただけあって苦いし、
飲みにくいものですが、
自然由来のものなので副作用は少ないようです。


良薬は口に苦し。急がば回れ。
それが、背中にきびと漢方の関係かもしれませんね。




背中にきびと薬・漢方

関連エントリー

背中にきびの治療薬に即効性ばかり求めるな!漢方薬のススメ。 便秘治療薬で胸や背中ににきびが・・・ 自分にピッタリの背中にきびに効く薬の探し方。 漢方薬は背中にきびの原因や症状、体質に合わせた調合ができる。 背中にきびの治療薬は、市販のものでは限界がある。 背中にきびと漢方薬の相性は? 背中のにきび薬を選ぶその前に。