Top >  背中にきびと薬・漢方 >  背中にきびの治療薬は、市販のものでは限界がある。

背中にきびの治療薬は、市販のものでは限界がある。




背中にきびの治療薬たくさんありますね~
ドラッグストアなんか行くとほんとに種類が多すぎて困るくらい。
どれにしようか?に始まり、どれが効くんだ~!って感じですよね。


宣伝コピーってお店の人が考えるのでしょうか。
背中にきびに悩む人は、まじまじと治療薬を手に取って見てます。
自分で背中にきび治療をしてる人にとって、
宣伝コピーは治療薬を購入する決め手みたいなものですから。


事細かに成分の説明があるもの、やたらと美肌効果を強調するもの。
誰だって背中にきびなんか無いほうがいいし、ツルツルの背中でいたいもの。
せめて同じ背中にきびのある店員さんが考えてくれてればいいな~
と思うのは私だけでしょうか。


市販のにきび治療薬でも効果が得られる場合もあります。
でも宣伝コピーだけで判断するのはいかがなものでしょう。
自分の背中にきびの症状、原因を把握していますか?
背中にきびは体外だけでなく体内からの治療も大切です。


自分で背中にきびの治療をしてる人は、
忙しくて皮膚科に行けなかったり、
皮膚科に行かなくても薬で改善されてるから、
といろんな理由があると思います。


市販の治療薬は軟膏やローションタイプのような体外からの治療薬が多く、
体内からの治療を目的とするものはあまりありません。
ビタミン剤は確かに体内から摂取する薬ですが、
ビタミンだけでは背中にきびの直接的治療にはなりません。


皮膚科では背中にきびに対して内服と外用、食事指導、
症状によっては外科的治療も行います。


また便秘症などの人も背中にきびができやすいので、
背中にきびの投薬による治療だけでなく、
同時に便秘を解消する治療も行います。


市販の便秘薬でも便秘は解消できるかもしれませんが、
背中にきびの薬と同時に服用したりするのは、
やはり皮膚科医などの処方に基づいて行うほうが安全です。


また背中にきびの治療には薬だけでなく、生活面の改善も大切です。
ストレスなどは薬では解消することはできません。
背中にきびの治療と薬には適度なバランスが必要です。




背中にきびと薬・漢方

関連エントリー

背中にきびの治療薬に即効性ばかり求めるな!漢方薬のススメ。 便秘治療薬で胸や背中ににきびが・・・ 自分にピッタリの背中にきびに効く薬の探し方。 漢方薬は背中にきびの原因や症状、体質に合わせた調合ができる。 背中にきびの治療薬は、市販のものでは限界がある。 背中にきびと漢方薬の相性は? 背中のにきび薬を選ぶその前に。