Top >  背中にきびと薬・漢方 >  漢方薬は背中にきびの原因や症状、体質に合わせた調合ができる。

漢方薬は背中にきびの原因や症状、体質に合わせた調合ができる。




背中にきびの治療方法の一つに漢方薬があります。
漢方薬は中国より伝わり、日本で独自に発展したものです。
漢方の元になる生薬は天然の植物などから作られたもので
化学物質を含む西洋薬に比べ、副作用が少ないと言われています。


背中にきびに悩む人の多くは成人が多数を占めていて
体質や生活習慣の乱れが背中にきびの原因となっている場合が多いようです。


また女性特有のホルモンバランスの乱れや便秘なども、背中にきびの原因です。


これら背中にきびを、原因に合わせて漢方で治療することもできます。
病院でも漢方は取り扱われていて、保険で処方を受けることができます。
市販の漢方薬もありますがやはり、医師または漢方医に処方を受けるのが確実です。


女性特有の生理によるホルモンバランスの乱れが原因の背中にきびには
「桂枝茯苓丸」が適していると言われています。
この漢方薬は体の血行をよくする働きがあり、
にきびを治すとともに生理不順や月経過多などにも効果があります。

生活習慣の中で特に背中にきびと関わりのある食事ですが、
脂っこいものや甘いもの、アルコールが好きな人には、
過剰な食欲や皮膚の炎症を抑える「防風通聖散」が適しています。


睡眠不足やストレスも背中にきびの原因です。
疲れやすい、眠りが浅いという場合は「加味帰脾湯」。
ストレスで寝つきが悪い不眠や、不安には「柴胡加竜骨牡蛎湯」が適しています。


このように漢方には症状や体質に合わせ様々な調合があります。
同じ生薬でも調合により効能の違う漢方もあります。


漢方は飲みにくい、効き目が遅いといったイメージで捉えがちですが
一時的に背中にきびの症状を抑えるよりも、
やはり背中にきびのできない体つくりを考えると、漢方は大変優れているといえます。




背中にきびと薬・漢方

関連エントリー

背中にきびの治療薬に即効性ばかり求めるな!漢方薬のススメ。 便秘治療薬で胸や背中ににきびが・・・ 自分にピッタリの背中にきびに効く薬の探し方。 漢方薬は背中にきびの原因や症状、体質に合わせた調合ができる。 背中にきびの治療薬は、市販のものでは限界がある。 背中にきびと漢方薬の相性は? 背中のにきび薬を選ぶその前に。