Top >  背中にきびの画像・写真 >  写真で残す背中にきび日記

写真で残す背中にきび日記




背中にきびの治療って、効果が出るのに時間がかかって挫折したり、
楽しいものではありませんね。


結果が目にみえてわかるとやる気も出るし、
また、効果の出ない治療を続けるのも時間の無駄になっていることもあります。


つらい背中にきびの治療を少しでも楽しく、
前向きに続けられるように治療日記をつけてみるのはどうでしょう。
治療記録でもいいですね。


日記や記録をつけるからには、今後背中にきびを再発させないということが前提です。


それには詳しい内容で残すことが大切。
1日の食事内容や服用した薬。
それに写真。写真は目に見えて分かりやすい記録になります。


漠然とみる背中にきびでは日々の変化は見つけにくいもの。
まして背中は全体を自分で見ることは難しい場所です。
写真で残せば食事や投薬内容を変えた時などの変化が、後々わかりやすいと思います。
before/afterみたいな感じですね。


たとえば、こんな感じ。


⇒ http://www.mohini.jp/ance/back.html


しかし背中にきびは見えにくい部分なので、
できれば家族などに撮影してもらうのがいいでしょう。
無理なら、鏡越しに撮影なんていう手もあります。


日々の変化はわかりにくいかも知れませんが、
投薬を受けている期間で区切りをつけたりして、
前後を比較してみるのもいいかもしれません。


背中にきびが少しでもよくなっていれば続けていけるし、
効果が見られないようなら、他の方法に移行してみるものいいでしょう。


背中にきびの薬や自己管理が自分にあっているのかどうか分からない。
そんな状態では前向きにはなれません。
また投薬の内容や背中にきびの状態を写真で残せば、
病院を変わる時などに医師にも説明しやすいと思います。


食事や生活習慣に深く関わりのある背中にきび
記録をつけることで自己管理にもつながり、
また完治のあかつきには絶対に達成感ありです。


食事、投薬と日々背中にきびの治療にがんばっていると思います。
これに写真付の記録を加えてみませんか?


背中にきびの治療日記。残す価値ありです。




背中にきびの画像・写真

関連エントリー

写真で残す背中にきび日記 背中にきびの画像は見るだけじゃなく、自ら撮る!